出産

小柄でも普通分娩

昨日の記事で写真を載っけたついでに、身長の話でも・・・

あの写真を見ると、どうも旦那が長身のように見えるのですが、旦那は170センチちょいなんですよ。・・・ってことは、私が小さいのです。140センチ後半です。小学6年生くらいで身長止まりました。あはは。縦も横もおちびな私。洋服は3号~5号です。でもあまり売ってなくて無理やり7号着ることが多いです。スーツも7号。

そんな私が妊娠中、いろんな情報サイトを見ていて気がかりだったのが「150センチ未満の場合、帝王切開になる確率が高い」という情報。なんでも、小柄な人は骨盤が狭くて赤ちゃんの頭が引っかかる可能性が高いんだそうです。

帝王切開・・・お腹を切る・・・・嫌だぁーーー怖いーーーって思ってました。一般的にはお産が近くなるとレントゲンを撮って、骨盤と赤ちゃんの頭の具合を見るそうなんですが、私が通っていた産院ではその気配がありませんでした。心配で先生に尋ねると、「まぁ、確かにそうなんですが、ともぴょんさんの場合は赤ちゃんがそれほど大きくないし、大丈夫ですよ多分。」とのこと。

で、いざ産んでみると、骨盤には引っかからず普通分娩で無事産まれてきてくれました。産道?出口?は狭くって裂けまくりましたけどね(;;;´Д`)ゝあと少し赤ちゃんの頭が大きかったらやばかったです。

結局何が言いたいかと言うと、ここを訪れてくれた人の中に、もし小柄な妊婦さんがいたら、案ずるより産むが易し!ってことです((w´ω`w))でも、赤ちゃんとお母さんの安全が一番ですから、先生の判断で帝王切開になったとしても頑張って下さい!世の中の妊婦さんみんなを応援してます♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

7月7日、晴れ

出産時の記録

皆様お久しぶりです。更新が止まって1ヶ月超、お察しの通り、出産して入院して休養してました!

おかげさまで77日(七夕で入籍記念日の日に!!)、無事に息子が誕生しました★

記憶が新しいうちに出産のときのことを記しておこうと思います。長いです、すみません。

7

6日、いつものように旦那と公園を散歩し、不規則なお腹の張り。「あ~また前駆陣痛かぁ。」と少しがっかりしながら就寝。

でもなんだか眠りが浅く、77日の午前3時ごろ、今までの張りとは全然違う、強い痛みを伴ったお腹の張りで目が覚めた。

「ん~?」と思いながら時計とにらめっこ。最初は1015分間隔だったのが、午前4時ごろにはいきなり78分間隔に!

とりあえず起き上がってみると、何かが出た!破水かと思いトイレに行くと、鮮血が・・・(超ビビる)

午前520分、産院に慌ててTEL。すぐ来てくださいとのことで旦那を起こした。(旦那はちょっと慌ててた。)

車で20分程度で産院に到着。しばらく陣痛の間隔と赤ちゃんの心拍をモニターで確認。赤ちゃんは元気だが、少し陣痛が遠のいてしまった。先生に診察してもらったところ、子宮口は23センチ開いていて、今日の午後には産まれますよ、とのこと。

分娩までまだ時間がかかるということでLDRで待機。その間に朝ごはんが出てきた。この産院を選んだ理由の一つが、「食事が美味しい」ということだったが、本当に美味しかった。余裕のあるときに味わえてよかった。

旦那と一緒に「暇だね~」と言いながら時折来る痛みを受け流すこと数時間。しかし昼を過ぎた頃からだんだん受け流せなくなってきた。痛い。痛すぎる。

そして「何かでるぅーーーーー!!!」と叫ぶ私。これがいきみ感というものなのか。子宮口がまだ全開でない為、「いきんじゃダメ!!!」と何度も助産師さんに怒られた。たぶん半分くらいはいきんでしまったと思う。横にいた旦那の手に爪をたててぎゅーっと握ったり、ものすごい声で何かを叫びながら我慢していた。そういえば陣痛の間ずっと出血していたので、いつの間にか破水していたのに気づかなかった。

そしてやっと午後3時過ぎに子宮口が全開に。やっといきめる!!が、ここからも大変だった。いきんでもいきんでも出てこない。出口が狭いらしい。(自分が何を叫んでいたのか、よく覚えていないが、旦那の「がんばれ、もうすぐ俺たちの赤ちゃんに会えるよ」という言葉は覚えている。)

結局何十回もいきみまくって、午後6時過ぎ、会陰切開と同時に誕生!!!(ここで旦那は強制退室)・・・・・泣き声が聞こえない!?と、胎盤を引っ張り出され朦朧としながら超絶心配する。何かを吸引する音がして、ようやく可愛い泣き声が聞こえ、一安心。

ただ、少し元気がないということで、感動の対面もままならないまま、保育器に入れられてしまった。(2時間ほどで、問題無いという事で出られました。)

私のほうは、切開をする前に既にかなり裂けてしまっていたそうで、縫合に時間がかかった。麻酔無しでたくさん縫ったので、これはこれですごく痛かった。いったい何針縫ったのだろう。(なんだかあまりに時間がかかったので、理由もわからず外で待っていた旦那はすごく心配していたらしい。)

★誕生時の記録・・・体重2540グラム、身長47センチと少し小柄な男の子

・・・以上。

想像以上に痛くていっぱい叫んで大変だったけれど、本当に本当に無事に産まれてくれてよかったです。すこし小さく産まれましたが、それをカバーするスピードで順調に体重も増えています。1ヶ月検診も無事クリアしました。母乳もよく出てよかったよかった。(私のほうは、子宮の戻りが悪く、今も産院に通っています。子宮口が堅く閉じて、悪露が出にくい体質だそうです・・・。先日は無理やり子宮口を広げる処置をしました。)

生活が赤ちゃん中心になり、PCをゆっくり触れるかどうかも息子しだいなので、しばらく更新は不定期になるとは思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします^^

Photo

| | コメント (9) | トラックバック (0)